塩崎紙芝居博物館 紙芝居博物館トップへ 開館のご案内へ お問合せへ 紙芝居博物館

紙芝居の歴史(戦前)

紙芝居の原型は江戸じ時代の「写し絵」といわれています。「写し絵」は、横長の映写幕にロウソクで絵を映しだしたもので、それが紙人形の芝居である「立え絵」に変化し、昭和の初めには現在と同じ絵物語式の紙芝居に発展しました。
 大正13年(1924)ごろから紙芝居屋が増えはじめ、紙芝居の見料かわりに飴を売ることで収入を得たのです。
 昭和の不況の時代、紙芝居屋は失業者のてっとり早い職業でした。

Copyrights(c) 2009 Sanyuukai All Rights Reserved.